Let’s Encrypt のクライアントを動かすのに python が必要らしいので、導入。

perlbrew などのように、ローカルに切り替えられるようにしたい。 python の場合は pyenv と virtualenv を使うらしい。

とりあえず、前準備をします(※ここだけ root 権限が必要ですすみません)

1
$ sudo apt-get install -y make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev wget curl llvm libncurses5-dev libncursesw5-dev xz-utils

まず、pyenv を入れる: https://github.com/yyuu/pyenv

1
2
3
4
5
$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
$ echo >> ~/.bash_profile
$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile

続いて、pyenv-virtualenv を入れる: https://github.com/yyuu/pyenv-virtualenv

1
2
$ git clone https://github.com/yyuu/pyenv-virtualenv.git ~/.pyenv/plugins/pyenv-virtualenv
$ echo 'eval "$(pyenv virtualenv-init -)"' >> ~/.bash_profile

ここで新しいログインシェルを起動すると pyenv コマンドが使えるようになる。とりあえず 2.x 系の最新版を入れておく:

1
2
3
4
5
6
7
8
$ pyenv install -l
$ pyenv install 2.7.13
$ pyenv rehash
$ pyenv versions
$ pyenv global 2.7.13
$ pyenv versions
$ python -V
$ pyenv exec pip install --upgrade pip

以上。