静的サイトジェネレータ Hexo はじめました。

実は Markdown を書くのは初めてだったりするので、試行錯誤の連続です。まぁ、Wiki には慣れているのでそれほど違和感はない。

とりあえず、手元の Ubuntu サーバで Hexo server が動くところまで来ました。

しかし、ここで、ちょっとした問題が発生。原因と回避策は判明したのですが、調べた限りだと日本語の記事は見つからなかったので、記事にしておきます。

今回の環境は以下の通り:

1
2
3
hexo: 3.2.2
hexo-cli: 1.0.2
node: 6.9.1

なお、長文になってしまったので先に結論を言っておくと、こちらの英語記事がとりあえずの正解でした:
http://alexdrenea.com/2016/04/28/hexo-image-hacking/

やりたいこと

Hexo の投稿記事の中で画像リンクを張ろうとしました。具体的に言うと、本の表紙画像をクリックすると Amazon に飛ぶようにしたかった。

HTML で書くとこんな感じ:

1
2
3
<a herf="https://www.amazon.co.jp/dp/4048669095/">
<img src="/2016/11/06/book-uminosoko/book01.jpg" />
</a>

まずは画像の貼り方

まず参考にしたのは Qiita のこの記事:

Hexoで始めるお手軽な静的ブログ -画像投稿とプラグインの追加-

おかげで Asset の使い方が理解できました。 asset_img タグも使えたし、img タグを直接書くのも OK. post_path タグだけじゃなくて asset_path タグでも問題ありませんでした(記事名を書かなくて済むので後者のほうが楽)。

これでとりあえず画像は貼れるようになりました。

Fancybox が邪魔

次に画像にリンクを張ろうと思ったのですが、その前の時点ですでに自動でリンクが張られていました。いわゆる Lightbox 的な機能で、画像をクリックすると原寸画像がオーバーレイ表示される仕掛けです。

asset_img タグを使った場合だけじゃなくて、 img タグを直接書いても自動加工されてしまいます。

ブラウザの開発ツール (Google Chrome Developer Tools) で見ると、 class="fancybox" が付いた a 要素が自動生成されていました。(あとキャプションも)

1
2
3
4
<a href="/2016/11/06/book-uminosoko/book01.jpg" title="有川浩「海の底」" class="fancybox" rel="article1">
<img src="/2016/11/06/book-uminosoko/book01.jpg" alt="有川浩「海の底」" title="有川浩「海の底」">
</a>
<span class="caption">有川浩「海の底」</span>

ためしに Markdown 上で画像を a タグで囲ってみましたが、上記の内側の a 要素が優先されてしまってダメでした。

1
2
3
<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/4048669095/" target="_blank">
{% asset_img book01.jpg "有川浩「海の底」" %}
</a>

1
2
3
4
5
6
<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/4048669095/" target="_blank">
<a href="/2016/11/06/book-uminosoko/book01.jpg" title="有川浩「海の底」" class="fancybox" rel="article1">
<img src="/2016/11/06/book-uminosoko/book01.jpg" alt="有川浩「海の底」" title="有川浩「海の底」">
</a>
<span class="caption">有川浩「海の底」</span>
</a>

Fancybox を無効化できないか?

ちょっとググってみると、_config.yml または記事ソース先頭 (front-matter) で

1
fancybox: false

とすればよい、というアドバイスらしきものを発見(漢字読めないけど)。

たしかにソースコード (themes/landscape/layout/_partial/after-footer.ejs) を見る限り、themes/landscape/_config.ymlfancybox: true しているのを fancybox: false にすれば Fancybox 関連の JavaScript/CSS は読み込まれなくなる模様。

しかし、ためしてみると、Lightbox 的な挙動はなくなったものの、自動リンクは有効なままで、Amazon へのリンクは無効なまま。

ちゃんとソースコードを追ってみる

そもそもリンクの自動生成をしているのは誰だ? というわけで grep した結果、 themes/landscape/source/js/script.js で書き換えていることが判明。

このスクリプトはそのままデプロイされるもので、ブラウザでアクセスした際に初めて実行されます。てっきりリンクの自動生成は generate 時に行われていると思い込んでいたので、びっくり。

当然ながら、_config.yml の記述なんて参照できないので、 fancybox: false 指定に関係なく無条件で HTML DOM を書き換えています。ちょっとひどい。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
// Caption
$('.article-entry').each(function(i){
$(this).find('img').each(function(){
if ($(this).parent().hasClass('fancybox')) return;

var alt = this.alt;

if (alt) $(this).after('<span class="caption">' + alt + '</span>');

$(this).wrap('<a href="' + this.src + '" title="' + alt + '" class="fancybox"></a>');
});

$(this).find('.fancybox').each(function(){
$(this).attr('rel', 'article' + i);
});
});

if ($.fancybox){
$('.fancybox').fancybox();
}

しかし、ここで一筋の光明が。

上記のコードをみればわかりますが、img 要素の親要素にクラス属性 fancybox が指定されていると書き換えは行われません。

回避策

画像の親要素である a 要素にクラス属性 fancybox を指定すれば OK.

1
2
3
<a class="fancybox" href="https://www.amazon.co.jp/dp/4048669095/" target="_blank">
{% asset_img book01.jpg "有川浩「海の底」" %}
</a>

根本的な解決策

リンクの自動生成をやめる。

具体的には、上記の themes/landscape/source/js/script.js のコードを丸ごと削除(あるいはコメントアウト)する。

まぁ、そもそも Fancybox を使わない Theme を使えばよいのですが、ちょっとギャラリーを眺めてみた限りだと見つかりませんでした。