Hexo (というか Markdown 一般)で文章を書いているとき、段落の途中で改行を入れることが普通にあります。物理的な1行が長すぎるとテキストエディタで扱いにくいし、 git の diff も見づらくなってしまいます。

Hexo の Markdown 処理系は、ひとかたまりのテキスト(空行を区切りとする一段落)をひとつのパラグラフ(HTML の p 要素)に変換してくれます。このとき、元のソースファイルの改行をそのまま保存して HTML に出力します。

例)

1
2
今日はいい天気ですね。
明日も晴れるでしょうか?

1
2
<p>今日はいい天気ですね。
明日も晴れるでしょうか?</p>

さて、これはこれで一見すると問題無さそうですが、現状の Web ブラウザでは、通常、改行が半角スペースとして解釈されてしまいます。

今日はいい天気ですね。 明日も晴れるでしょうか?

厳密に言うと、CSS の white-space プロパティの値とその解釈に依存していて、通常の設定 (white-space: normal) ではブラウザがコンテキストに従って「よきに計らって」くれることになっているのですが(半角スペース1個と解釈せずに削除してしまってもよい)、まぁ、そこは CJK 文字圏のマイナーさということで、 Firefox とか Google Chrome とかは無条件で改行文字を半角スペースに変換します。
https://www.w3.org/TR/CSS2/text.html#white-space-prop

ちなみに CSS3 (CSS Text Module Level 3) のドラフトでは、中国語・日本語・Yi 文字に挟まれた改行(や半角スペースなど)は無視するように明記されています(期待!)
https://drafts.csswg.org/css-text-3/#propdef-white-space

閑話休題。

Hexo には、この問題を解決するためのプラグインがあります。
https://github.com/lotabout/hexo-filter-fix-cjk-spacing

導入は簡単で、単に NPM パッケージをインストールするだけです。

1
$ npm install hexo-filter-fix-cjk-spacing --save

あとは普通に hexo server とか hexo generate とか hexo deploy とかすれば、自動的に日本語文字間の改行を削除してくれます。原稿(Markdown ソースファイル)には手を加える必要がありません。

作者の Jinzhou Zhang さん に感謝!

なお、この記事の話は _config.ymlbreaks: false を指定している前提です。 breaks: true の場合はそもそも「ソースファイルの改行をそのまま反映してください」という意味になるので、ソースファイルの改行ごとに自動的に HTML の <br /> 要素が追加されます。